家族葬とその料金について

家族葬という言葉をよく目にするようになりました。

新聞や広告、立て看板などで一度は目にしたことがあるでしょう。その名の通り、家族だけでする無宗教のお葬式のことを言います。最近ではお寺の檀家になっているお宅も減り、自分の家が何の宗派か知らないという人も珍しくありませんし、葬式仏教と言われる、お金のかかる従来のお葬式に疑問を持つ方も増えているところから、家族葬は徐々にその割合を増やしています。

最近では専門の業者や葬祭ホールも出てきました。宗教式に比べて、料金が廉価ということが一番の魅力です。お寺に払う戒名料などが掛からないからです。しかし、それだけで選んでは親族間に禍根を残す場合もありますので、希望する方は予め家族だけのお葬式にしたい、お寺は挟まないという旨を周囲にアピールしておくことが必要でしょう。

また、あくまでも家族だけでお別れをすることになりますので、今後の年忌の法要にあたる節目をどうするか、ということも決めておきましょう。お葬式は家族葬で、後は何処かのお寺にお金を払って永代供養にする、という人もいるようです。料金は広告などでも大々的に銘打っている業者が多いのですが、表示されている以外にも掛かることがあります。

少人数の予定で、葬儀社が所有する家族葬専用のホールを借りたものの、故人が生前付き合いが広く、予想以上に人が来てホールが狭くて困ったという話も聞きます。広告に出ている料金は、どんな業種のサービスでもそうですがあくまでも最低料金です。それ以上にかかる料金のどこまでを出せるかは、予め決めておいて、良い家族葬にしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *