日本での葬儀の方法とは

葬儀には宗教の違いも大きく関わってきますが、それが決まりさえすれば葬儀の形式を選択することになります。

一般的には通夜の後、告別式を執り行います。神式においては通夜祭と葬祭告別式と呼ばれ、キリスト教式では前夜祭と葬儀と呼ばれています。近頃では葬儀と告別式のみを執り行う形式や、事前に密葬を済ませ本葬の儀式だけを別の日に設定する形式も増えています。葬儀と告別式のみを執り行う形式はコストがスマートにできる点にメリットがあり、会葬者の数が少なくなるというのがデメリットと言えばデメリットです。

事前に密葬を済ませ本葬の儀式だけを別の日に設定する形式の場合、お亡くなりになった日がお正月であったりゴールデンウィークであったりと、お知らせする側が気を使ってしまうような日を避けられるといったメリットがあります。費用面では大きくなりがちです。

また この件に関して長引くことで、遺族が疲労することには配慮が必要です。これらの方法はいずれも参列いただきたい人々にはお知らせを行います。香典も受け取ることになりますので、香典返しも必要となります。全く皆さんにお知らせせずに密葬だけを執り行ったり、仮想だけにする方法も、近頃では増えてきました。費用面を小さくできたり、遺族だけでひっそりと故人を送り出せるメリットはありますが、後から訃報を知った人が自宅を訪れてくださるといったことで煩わしさを感じる人もいます。このように故人の生前からの希望や遺族のライフスタイル、考え方などによって選べる時代になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *