葬儀に関して自分の意志を伝えておく

人はみな誰しも死ぬ時が来ます。

お金があっても健康に自信があっても、死は平等に訪れます。なかには、50代や60代の若さで亡くなる方もおられます。亡くなる原因はいろいろです。病気で何年も闘病生活を送っていて亡くなる方もおられますし、事故が原因で突然亡くなる方もおられます。

それで、自分に万が一があった時に、残された遺族が、困らないように葬儀に関して自分の希望をきちんと書類に記しておきましょう。葬儀はどんな方法で行ってほしいか、どこの葬儀場に頼んでほしいか、誰に連絡すればいいか、お花はどんなお花を飾ってほしいか、といったことを明確に記しておきましょう。そうするなら、急に亡くなることがあっても、遺族は時間や労力をあまりとられることなく、葬儀会社に手配することが出来るでしょう。

また、可能であれば葬儀費用も貯めておくようにしましょう。突然亡くなって、お葬式費用がない。というケースは意外にも多いようです。それで、残された遺族に迷惑がかからないように、生前にしっかり貯めておきましょう。そして、もし可能であれば、残された遺族や友人に感謝の手紙を残しておきましょう。自分の素直な気持ちや家族に感謝していることなどを記しておきましょう。そうすれば、突然亡くなって心の整理がつかない遺族が、手紙を読むことによって慰められたり、気持ちを落ち着かせることが出来るでしょう。ぜひ、生前にいろんな準備をしておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *