無宗教で葬儀を行う場合

日本における葬儀は、その90%が仏式となっています。

そのためある程度宗派の違いがあったとしても、踏まえるべき形式がしっかりと定まっています。「葬儀を執り行う」といったことは、人生の中でそこまで多くはありません。喪主となる経験を、全くしないままで終わることもあります。一番大変なのは、故人が「無宗教であった」ことを、主張したいといった遺志を残されている場合です。無宗教であれば、葬儀は形式に則る必要はなく、自由度が高くなります。

「お別れの会」といったものも、宗教にとらわれないものでしょう。しかし自由度が高くなればなるほど、「企画」が重要になってきます。不謹慎な表現になりますが、パーティーなどを想像するとよくわかります。企画がいい加減であると、本来の目的である「楽しむ」ということを、参加者に提供できずに終わってしまいます。それと同様に「葬儀」の目的が「皆様に偲んでいただく」「故人を送り出す」というものであるのにもかかわらず、手順が悪ければ偲ぶどころではなくなってしまうのです。どこで行い、どのように進行するのか。

間延びを避けるためには、それらの企画が重要になります。近頃では自由度の高い葬儀に対応できる業者も増えています。多種多様な求めに応えられるプロデュース力を提供できる業者です。そちらに依頼することで、不安材料は軽減されます。ただし企画力や経験値が顕著に表れますので、依頼の際には「過去事例」などに目を通して納得できる業者を選択することが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *