葬儀業界に広がる価格競争の波

葬儀は人間がその生涯を終える時に行われる、人生において最大の節目となる儀式です。

故人を偲び、遺族が悲しみを乗り越えるということで言えば非常に意味が大きいものであると言えるでしょう。古来より世界中で葬儀は営まれてきましたが、そのあり方は時代によって変わることが普通です。そしてその大きな変化のひとつは、現代の日本でも発生しています。その大きな変化としてチェックしなくてはならないのが「価格競争が発生している」ということです。

以前までは葬儀という儀式に対して「最後を飾るものだから盛大にやるべきだ」というような考え方や「親のために出来る最後の孝行だからお金をかけることは当然だ」という考え方がありました。ですが昨今ではそうしたことも言っていられない不況が続き、また日本国内の生活において宗教が占める部分が少なくなってきたこともあり、葬儀に対しては「安くても良い」、「親しい人にだけ来てもらえれば良い」というような考え方がかなり広がってきています。

そうした中ではこれまでの数百万円をかけた豪勢な式では無く、数十万円程度で済む小規模な式が好まれるようになってきました。特に「価格の安さ」を重視する消費者は格段に増えてきていますから、価格競争もかなり激しく行われるようになったのです。大手のスーパーマーケットチェーンも葬儀業界に参入するようになった昨今ですから、今後その業界のあり方がどのように変化していくかということは注目していく必要があるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *