葬儀を執り行う準備について

葬儀は、初めて当事者になった場合には何から行ったらよいのか判断することができない場合があります。

多くは、葬式会社に連絡をすることで進められることになりますが、連絡前に遺族で行っておく内容もあることを認識しておく必要があります。まず、近親者への連絡があります。この場合には縁戚関係だけでなく、近しく付合いをしている知人や近隣の人にも連絡をし、儀式についての細かな打合せを行う必要があります。次に、喪主の決定があります。

一般的には相続人が該当をし、例えば夫が亡くなった場合には妻や、一家の主人が亡くなった場合には長男が務めることが多く、それぞれの事情により次男や娘の夫が就くこともあります3つ目には世話役の決定があります。葬儀委員とも言われ、通常は経験者や親しい人に依頼をしますが、最近では小規模の場合もあり、そのような場合には葬式会社が代わりに儀式の仕切りを担当してくれる場合もあります。葬儀には仏式や神式、キリスト教式、無宗教式など、様々な形態がありますが、遺族で方式を決める必要があり、ここでは、故人の遺志を尊重することも大切となり、確定した場合には速やかに僧侶や神官、また、司祭等へ連絡をする必要があります。

儀式では、場所の決定も大切なことになります。現在では葬儀場を借りて執り行う場合がほとんどとなっていますが、場合によっては自宅で行うこともあり、その場合には儀式の規模や天候、季節などを十分に検討をしてから判断をすることが大切です。本葬に関しては、読経の依頼から祭壇の用意、車の手配、料理、挨拶状など、多くのことに対して葬式会社が処理をしますが、大切なことに現金の用意があり、葬儀には様々な細かい出費があるために、ある程度の金額の用意をしておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *