葬儀を行う必要は本当にある?

葬儀は誰かが亡くなった際に行われる儀式であり、歴史を見れば人という生物が社会的な動物として活動してきた頃から連綿と続くものとされています。

しかしそのあり方が常に同じということはなく、地域的な特徴やそれぞれの時代の状態を反映する形で様々に変わってもきました。そして現代において葬儀という儀式に対して持たれている考え方の一つとなっているのが「そもそも本当に必要なのか」ということです。中には「自分が死んだあとに葬式はしなくて良い」と断言してしまう人も多いのですが、葬儀はたとえ簡素なものであっても行ったほうが良いでしょう。

葬儀を行う必要がないとして考える人の多くは宗教的に関心がないため大金をかけたくないという理由を抱えていることが多いのでですが、葬儀は必ずしも宗教的に行われるものではありません。もちろん宗教的な側面があることは否定できませんが、それよりも重要なのは遺族や友人たちが故人に別れを告げるという目的なのです。人が死ぬということは非常に重要なことです。

友人にとってもそうでしょうし、毎日同じ屋根の下で暮らし、日々を過ごしてきた家族にとっては非常に大きな心へのダメージとなることが少なくありません。そのためそこで何の式も執り行わないということになってしまうと、本当にその人が亡くなったのだという現実を受け止めることが出来ないケースが少なくないのです。また現実を受け入れられたとしても後々まで何もせずに終わってしまったことを悔やむというようなケースもありますので、無宗教だというような人であっても何かしらの形で式は執り行ったほうが良いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *