葬儀に掛かる費用について

財団法人日本消費者協会の「葬儀に関するアンケート調査」によると、過去3年間に身内にお葬式があった人が葬儀にかけた費用の平均額は約199万円でした。

3年前の調査よりは減額傾向にあり、それほど現実から離れた費用とは思えません。詳しく見てゆきますと、葬儀本体にかけた費用は、平均126万円、仁関係の費用は51万円、飲食接待費は45万円となっています。しかしながら、この調査は、日本消費者協会の消費者モニターと協会会員1024人のうちの過去3年間に葬儀を行った人294人の平均を出したものです。実際日本全国では毎年100万件以上のお葬式が出されていますので、この数字は、あくまでも一つの参考意見として見ておけばいいと思います。

お葬式は、故人を無事にあの世へ送る儀式とこの世に残った人との最後の別れの儀式ですから、喪主がどのようなお葬式をするかによって金額は大幅に違ってきます。故人の知人や縁者に会葬してもらい、十分ななお別れをするか、故人が高齢者のために家族だけでひっそりと送るとか、子孫の数も少ないので、直葬にするとか、送る側が納得できる送り方をする事が大切です。

そのためにはお葬式の何に金額をかけるかが違ってきます。最初、遺体を斎場に安置した後、お葬式の担当者とどのようなお葬式にするか話をするのですが、提示されるお葬式のセットについても各葬儀社であらわしかたが違っていますので、十分な説明を聞き、自分がしたいお葬式に合っていることを確かめたうえで、契約すべきでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *