葬儀のときの服装マナー

亡くなった直後に行われる仮通夜には地味な平服でかまいません。

喪服で行くと、不幸を予期して準備していたようでかえっておかしいとされています。お通夜では特別急な場合を除き、喪服を着用するのが一般的です。葬儀・告別式に参列する場合も喪服を着用します。突然の訃報にあわてないよう、バッグや靴なども含め喪服一式を揃えておきましょう。<男性の平服>グレー・紺・茶などの濃い色のスーツ、黒や地味な色のネクタイ<女性の平服>グレー・紺・茶などの濃い色のスーツ・ワンピース、黒または肌色のストッキング<男性の喪服>黒いスーツ、白いシャツ、黒いネクタイ、金具のない黒い靴<女性の喪服>黒いスーツ・ワンピース・アンサンブル、黒いストッキングと靴コートも地味な色のものがよいでしょう。毛革や皮などは殺生を意味し、死を連想させるため葬儀などの場では身につけてはいけません。

<その他の注意点>男性・・・指輪以外のアクセサリーはつけない方がよいでしょう。時計やブレスレットなどははずします。ネクタイピンもつけないのが通例です。女性・・・アクセサリーは結婚指輪程度にします。パールネックレスはつけてもかまいませんが、2連は死が重なることを連想させるため、葬儀などの場では必ず1連にします。メイクはナチュラルメイクにし、ネイルや香水なども控えます。

髪は地味な色のゴムやピンですっきりまとめましょう。光沢のあるものを身につけない方がよいので、バッグや靴の素材に気をつけましょう。<子供の服装>学生で制服がある場合は制服を着用します。なければグレー・紺・茶などのズボンやスカート・ワンピースなど、地味な色の服を着用します。明るい色の髪飾りなどは避けて、失礼のないようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *