葬儀の方法にはどんなものがあるのか

いつかはどんな人でも葬儀を挙げてもらう側になるわけですが、実際にはどんな方法があるのか種類があれば知りたいと思う事もあるでしょう。

近年はいろいろなやり方で行われているのですが、多用な方法があるので今後の参考にしてみるのもいいでしょう。シンプルな形としては、直葬があります。これはお葬式を行わずに火葬だけを行ってお見送りをします。近年増えてきているのは家族で行う家族葬でしょう。

多くの人を呼んでも大変になるだけですし、いろんなやり取りが大変だという事もあってこのようなコンパクトな葬儀で家族に負担をかけたくないと思っている人が増えてきているのかもしれません。告別式などがない場合には別途お別れ会を開いてそこで友人や知人と一緒に故人を偲ぶという事もあります。

その他にも、宗教の違いでも葬儀のやり方は変わります。仏教、神道、キリスト教などがありますが、概ね日本では9割以上が仏教が占めていますので、これまで参列をしてきた人の中では仏教の作法が一番馴染んでいて、イメージしやすいでしょう。作法に関しては分からない事もあるかもしれませんが、他の人に聞いたりしながら参列すればいいでしょう。故人の遺言があるのであれば、なるべくその通りにしていくのが一番ですが、場合によっては難しい事もあります。

どうして葬儀を挙げるのかということを一度考え直してみて、家族や故人の考えに合った式ができるように話し合っていくといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *