葬儀で述べるお悔やみの言葉

通夜や葬儀の場でお悔みを述べる時は、言葉選びを慎重に行うのがベストです。

特に、忌み言葉と呼ばれるワードは避けるように配慮します。最近は、忌み言葉を気にする人が減っているのも事実です。しかし、遺族を傷つけないよう言葉を掛ける際は、心得ておくと失敗しません。代表的な忌み言葉に、「度々」「重ね重ね」があります。どちらも繰り返す意味を持ち、不幸が繰り返されることを連想する言葉です。

ほかにも繰り返しを意味する言葉は、なるべく使わないようにします。「苦しむ」などの不幸を意味するような言葉も、出来るだけ避けます。人が亡くなったことに触れる際は、「訃報」や「逝去」のように、言い換えで対応します。あまりに忌み言葉を気にし過ぎると、どんな言葉を掛けてよいか分からなくなってしまう危険性があります。しかし葬儀の場では、言葉は少なくても悲しみの姿勢が伝われば十分です。

お悔やみの言葉は、個性を出すよりも月並みであることがベストです。忌み言葉以外では、葬儀の宗旨に沿うよう注意が必要です。「成仏」や「冥福」は仏教用語であるため、神式やキリスト教式では使用を避けます。「安らか」や「永眠」は、神式やキリスト教式で使える言葉です。特にキリスト教は、亡くなって天に召されることが悲しみではなく、祝福と捉えられています。そのため、「お悔み」という言葉そのものを避けるのがベストです。お悔やみを述べる時の言葉選びは、遺族への配慮と考えて慎重に行います。結果的にありきたりの文になったとしても、決して問題ありません。むしろ、遺族を傷つけずに哀悼を示すためのマナーとして重要なことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *