時期が来れば葬儀の流れも確認を

誰しもいつかは看取られる事があります。

家族や知り合いなど、様々な人のそういった時間に立ち会うときにはしんみりとしてしまうものです。その一方で、そんなに何度も行う事でもありませんから、葬儀の流れも分からずに慌しく時間だけが過ぎてぽつねんとしてしまう人も多いのです。自分が喪主になるかどうかは別として、家族や友人のサポートができるように一連の流れも大まかでいいので知っておくと、とても心強く思ってもらえるでしょう。葬儀というと告別式や通夜などのことを思い浮かべる人が多いのですが、参列する側からすればそうなのかもしれなくても、身内などの近しい人にとってはその人が亡くなった時から葬儀と言っても過言ではないのです。

病院や自宅でご臨終を迎えたら、必要に応じて自宅に搬送をし、枕飾りや納棺を行います。そして通夜が行われて告別式や出棺となり、火葬や骨上げを行います。終わった後も忙しく片づけをしながら利用した業者に支払いを済ませていくなどしたり、必要な手続きなどを行わなくてはいけませんし、香典返しなどをしているとあっという間に四十九日を迎えてしまったりするぐらいです。

悲しむ暇もないぐらいいろんなことをしなくてはいけないので、家族皆で支えあいながら葬儀を済ませていく事になります。大まかでも流れが分かれば今しなくてはいけない事などの優先順位も付けられます。分からない事は利用する業者などに聞きながら、慌てずに作業などを行いましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *