葬儀業界に生まれた価格競争

葬儀はこれまで非常に高額なものとされていました。

特に「お世話になった家族にしてあげられる最後のこと」や「父母の葬儀は豪華に執り行ってこそ意味がある」などの言葉は広く使われており、必要以上にお金をかける傾向があったことは否めません。しかし現代では多くの人の宗教観が変化し、葬儀に対して何百万円もかける意味は無いのではというような考え方が広まってきているのです。そしてそうした中で葬儀業界に見られるようになったのが、価格競争の存在でした。価格競争、つまり他社よりも安い価格にすることで顧客を取り入れようとする動きはもはやこの業界においても珍しいことではありません。

中でも大規模なホールを借り切って行うのではなく小さな会場を借りて行う家族葬や、宗教的な要素を排したお別れ会と言ったような存在は現代ならではのあり方だと言えるでしょう。こうした方法ではこれまでにかかっていた費用の多くを節約することが出来ますから、従来の半額以下などで式を執り行うことも可能です。

そしてここ数年の変化で特に重要なこととして考えられるのが、大手のスーパーマーケットチェーンがこの業界に参入を決めたことでしょう。全国規模で店舗を展開しているスーパーマーケットチェーンであれば、その販路を生かしてかなり安価な葬儀を執り行えるようになりました。既存の業者などではビジネス化の流れに対して警鐘を鳴らす動きもありますが、こうした動きは時代が望んだからこそ生まれたものだと言えるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *