葬儀に参列する際には髪型も注意が必要

突然の訃報に慌ててしまう人は、多いのではないでしょうか。

しかし故人との最後のお別れなので、きちんとして見送っておげたいものですよね。慌てて支度をしたために葬儀にふさわしくない服装や髪形になってしまっては、ご遺族の方にも不快感を与えてしまう事となります。そういった事にならないように、最低限のマナーは頭に入れておくようにしましょう。葬儀に参列する際には、髪型にも注意する必要があります。まず髪を束ねる場合には、ヘアピンやゴムは黒にと統一するようにしなければいけません。

またリボンやシュシュなどを付ける場合には、キラキラしたものは避け無地でシンプルな物を選ぶようにしましょう。動物の殺生を連想させてしまう革製品も、使用するのはNGとなります。また髪型をセットする際に使用するヘアスプレーなどは、香りのするものは避けて無香の物を選ぶようにしましょう。香りがする事で、香水を付けていると思われるので、葬儀の席にはふさわしくありません。

普段カラーリングなどで髪の毛を明るい色にしている方は、葬儀に参列する際には黒に染めるか一時的に黒く塗るかにして色を落ち着かせましょう。また華やかなイメージのパーマも葬儀にはふさわしくありませんので、一つに束ねるなどしてパーマ感が出ないようにしなければいけません。またロングヘア―は、後ろで一つに束ねるか団子にするなどしてきちんとまとめておきましょう。これらは参列する際の基本の髪型になりますので、注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *