状況によって考えたい葬儀の種類

葬儀とは亡くなった方を弔うための儀式の事であり、通夜や告別式と差別してこうした言葉が使用されるケースと、全てを含めて「葬儀」と言うケースが存在しています。

葬儀にはいくつかの種類が存在しており、一般葬では多くの弔問客を招いて儀式を執り行います。一般的に通夜は故人と親しい身内の人達などで行ないますが、平成の日本では通夜の時点で弔問のお客様をお迎えする事も珍しくありません。通夜が終了した後、宗教儀礼である葬儀と告別式を行ないます。

葬儀はその全体が多分に宗教的なものですが、一般葬以外にも無宗教葬を行なう事があります。こうしたお葬式では読経を行なわず、音楽をかけたり無音で過ごすケースが一般的です。もしもお葬式全体の規模を小さくしたい場合、直葬や家族葬を選択する事も可能であり、こうしたケースでは弔問のお客様の数を抑えられます。直葬はお葬式自体を行ないませんが、家族葬では故人の身内やごく親しい人達だけを招きます。

弔問のお客様と挨拶する必要がある一般葬では親族が落ち着いて故人に別れを告げる事ができませんが、こうしたお葬式では精神的に余裕を持って一連の儀式を執り行う事ができるのです。また大規模なお葬式を行なおうと思った場合、ご遺体を安置する場所から式場の内装まで多額の費用を支出して調える必要がありますが、家族葬ではそうしたコストを節約できます。お葬式に支出するお金がないご遺族にとってもメリットの大きな式と言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *