葬儀における服装の一般的マナー

ご家族や親族、また知人や会社関係の方がなくなった折りには、葬儀やお通夜に参列することになります。

そのような場面においては、宗派や地方によって様々なルールやしきたりがあります。それらを全て網羅することは難しいのですが、一般的に守るべきマナーがあります。誰でも思いつくことは服装です。華美な服装は避け、一般的に黒の礼服や着物になります。

男性の場合、会社勤め中に訃報に接する場合もあり、そのままの服装で駆けつける場合があります。スーツの場合、色彩が余程華美でなければ黒色のネクタイに締め直せば、とりあえずは対応できる服装となります。作業着などの場合は、ワイシャツを手に入れて黒ネクタイにすることでも対応可能です。

毛髪の色にも注意したいところです。葬儀の場において極端に染めた金髪などはNGです。白髪染めの場合は致し方ありませんがファッションで染めているのなら、特に親族や家族の場合においては一時的にでも黒色に染め直す方が無難です。忘れがちなのは男性の靴下です。葬儀の場では黒が基本で、ハーフカットではなく脛まであるロングタイプのものを履くようにすることです。また眼鏡を掛けている方は、極端な華美な色彩のフレームでしたら可能なら落ち着いた色合いのものに掛け直すほうが無難です。足元の靴の色は黒色が基本です。雨や雪で、かつ地面が土の場合などは相当ぬかるむ時があります。こうした場合、黒色の長靴でも良しとされます。とにかく黒色を基調とした色彩で仕上げることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *