葬儀の際のマナーについて

身内や知り合いなどの人の不幸というのは、ない方がいいものです。

しかしながら、人生の中で人の死というものに直面してしまうという機会はかなりあるのです。身内だけでなく、近所などで不幸があったりしたときでもその際のマナーを知っておくことが大切でしょう。葬儀がある際には、事前に御知らせが来ることが多いものです。通夜や葬儀といった日程が知らされるので、故人との関係性によっても、どのような形で対応するのかを考えるようにします。

お香典などに関しても、関係性から相場を考慮して準備していきます。葬儀に参列する際には知っておきたいことがあります。まずは準備ですが、服装は黒の喪服を着ていきます。通夜の場合では、黒っぽい服装が望ましいのですが、必ずしも真っ黒でなければならないということはないのです。女性男性は黒いネクタイ、女性の場合では真珠をして、黒のストッキングを履いていくのが一般的です。

バッグや靴なども黒になるのですが、金具などで金色などは入っていないようなものを選ぶようにしましょう。髪型はできれば一つに束ねるなどの地味な雰囲気で、メイクも華美にならないように注意します。そして、香典はふくさに入れて持参します。受付で香典を出していくようにして、香典返しを受け取ります。人の死というのは、いつどういったタイミングでくるのかもわからないので、普段から服装や心構えなどの準備をしておくようにすると、いざという時にも困らなくて済むことでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *