葬儀のスタイルは故人の意思を尊重した方が良い

身近な人が亡くなるのは胸が張り裂けそうなほど悲しいもの。

しかしその感情に浸る暇もないほど慌ただしく、今度は葬儀の準備に着手しなければなりません。特に遺族の代表としての責務のある人にとっては故人とのお別れのひとときをしめやかに営むためにも、葬儀会社との綿密な打ち合わせを行わなければなりません。また、その時には喪主のみならず、故人が生前に遺した意思なども尊重しつつ、宗教、規模、会場などを含めて、どのような葬儀にすべきかを慎重に決めることが重要です。

もちろん、従来の葬儀と同じく、故人と交流のあった人ならば誰もが参列できるスタイルにすることも可能ですが、あまりに規模が大きすぎると遺族にとって心が休まらず、負担となってしまう場合も少なくありません。その点、最近ではごく限られた家族のみで静かなお別れの時を持つという密葬や家族葬のあり方も注目を集めています。この場合、会場もごく小さなもので事足りますし、あるいは喪主の自宅などで執り行うことも可能です。

さらに生前の故人の考え方や遺言などを踏まえて、自然葬や散骨と言ったスタイルを取り入れることもできるでしょう。しかしながら遺骨や遺灰を自然に撒くと言ってもどこでもいいというわけではありません。他人の私有地に許可なく散骨するのは法律に抵触しますし、大自然の中と言っても近隣の住民などに迷惑のかかる場所は厳禁です。こう言った特殊なスタイルを望む場合には、それらの知識やノウハウに秀でた葬儀会社に依頼して場所の提案を受け、滞りないように段取りを組んでもらう必要があるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *