葬儀の際の弔電の送り方

急な葬儀の知らせを聞いた時には必ずしも参列できるとは限りません。

だからと言ってそのまま何もしないということはありませんので、弔電だけでも送っておきたいと思うものです。電報自体をそもそも使うことがない人も多いですから、どのようにすればいいのか分からない事もあるでしょう。事情があって葬儀に参列できない時に喪主やその周辺の人たちに対して弔意を表すために送るのが弔電です。送るタイミングとしては告別式に間に合うようにするようにしましょう。

それ以外は一般的な電報と同じように考えて送ることになります。申込み方法も電話やFAX、インターネットなど様々ですから、自分のやりやすい方法でスケジュールを確認しながら送って下さい。弔電に使うための台紙もかなり増えてきていますから、こだわりたい人はよい台紙を使ってみるといいでしょう。文章も慣れない人はどのような文章が最適なのかと考え込んでしまいがちですが、定型分もありますので時間がないときはそれも使ってみましょう。

一部を変更したり、幾つか参考になるような文章を見てから自分でオリジナルの文章を考えて打つのもおすすめです。なるべくなら葬儀に参列するのが望ましいですが、それが出来ない場合も当然ながらあります。近しい人であればなおさら参列できなかった時には後悔してしまいます。まずは弔電だけでも打っておいて、改めて時間ができた時に挨拶をしにでかけるなどきちんとした対応をしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *