生前に自分の葬儀の希望を決めておく

少子高齢化が進むがん代の日本で高齢者の間で盛んに行われるようになったのが終活と呼ばれる活動です。

人間はいずれ死んでゆくもので、そのための準備を自分が元気なうちにしておくと言うもので、現在さまざまな場所でセミナーなどが開催され多くの高齢者が参加しています。エンディングノートを準備して、自分がこの世からいなくなった後の事をいろいろと決めたり準備しておくことで、残された遺族に負担をかけることも少なくなるといった理由から多くの人々の支持を受けているようです。

自分の人生の最後にお別れの儀式として執り行われるのが葬儀です。その土地ならではのさまざまな風習やしきたりによって執り行われてきたお葬式も、現在では本当に様変わりしてきており、家族の形も人それぞれなので、自分の最後は自分で決めて準備しておきたいと言う考え方が生まれるのはある意味自然なことなのかもしれません。

葬儀の形も故人の希望をできる範囲でかなえられるように具体的にどんなお葬式にしたいかを事前に葬儀社と相談して決めておき、万一のときにはスムーズに執り行うことができるように遺族にも自分の意向をきちんと伝手置くことが大切です。いわゆる葬儀の事前予約のような形を受け付けてくれる葬儀社も多く、遺影から装花に至るまで自分で準備し、費用も前もって支払っておくと言う形にも出来ます。人生の最後を自分の意思によってデザインしたい、そんな考えをする人が増えているようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *