葬儀の際の香典のマナー

葬儀に参列する時に考えなくてはいけないことは本当に数多くありますが、その中の一つに香典があります。

どれぐらいの金額を包んでどのように持参するのか、人生の中でもそう何度も参列するわけではありませんので悩むのも当然と言えるでしょう。お線香や花などの代わりに霊前に供えるものですが、現金を不祝儀用ののし袋に入れて持参します。通夜または告別式のときに持参しますので、それまでに準備をしておきましょう。両方に参列する時には通夜の時に持参することが多いです。

もしも持参できない時には郵送でも構いませんが、その時には香典は現金書留の袋に入れてお悔やみの手紙も一緒に入れます。葬儀の時には相手の宗教も確認して、それから香典袋の表書きを書きます。仏式やキリスト教式、神式などが多くなります。稀に無宗教の場合もありますが、その時にはご霊前というように書くこともあります。

下段には会葬者のフルネームを書きますが、代理の場合は内とそばに書き添えたり、夫婦で参列する時には連名にするなどいろんな書き方があるので注意してみて下さい。それに、葬儀もビジネスで参列するのか、私的な参列になるのかでも違ってきます。金額相場などもチェックしておかなくてはいけませんし、大変に思うかもしれません。近年は事前に香典不要という連絡が入ることもありますので、その時には持参をしないように気をつけるなど、葬儀に参列する時には準備と確認を忘れず行いましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *