葬儀は故人との最後のお別れための大切な儀式

家族のあり方や隣近所の人とのかかわりは時代の移り変わりと共にどんどん変化しています。

お葬式に対する考え方にも現在はさまざまな形があり、その土地のしきたりに則り、隣近所の住人がみんなで協力してお葬式を執り行っていた時代とはだいぶ変わってきています。地方へ行けばその土地の風習に従って行われる葬儀というものがきちんと継承されている場所もあるのですが、特に都市部ではほとんどそうした伝統的な形式で行われるお葬式を目にすることはなくなりました。

お葬式を家で行うと言うこと自体が今では珍しく、専用の施設を使って葬儀社がすべて準備してくれるままに執り行うと言うやり方に代わりつつあります。けれども、それだけでなく、最近では高齢者の単身世帯が増えて、誰にも看取られることもなくひっそりと孤独死してしまうと言うケースも珍しいことではなくなり、故人と最後のお別れをするために行うお葬式の形も一昔前とはずいぶん変わった内容のものが求められるようになっています。

近親者がいてもほとんど疎遠になっていたような人の場合、大勢の弔問客や遺族が参列するお葬式ではなく、一人か二人の遺族の立会いの下に火葬のみを行うものや、通夜と告別式を一日で済ませるようなコンパクトで費用の負担も軽い形のお葬式が増えているとも言われています。しかし、たとえどんな形や規模であっても葬儀は亡くなった人との最後のお別れとして執り行う大切な儀式であることに変わりはありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *