葬儀の種類と特徴について

最近は少人数でシンプルな葬儀を行う家庭が増えてきました。

少子高齢化で参列者が減ったこと、核家族化の影響で葬式に時間や手間をかけづらくなったことが主な原因といわれています。非正規雇用が増えたことや経済格差が広がったことで、葬式にお金をかけられない家庭が増えたことも原因の一つです。以前主流だった大人数の葬儀は行われる回数が減ってきており、今後その傾向はますます強くなるといわれています。

人気が低迷している一般的な葬儀に代わって、最近勢いをつけてきたのが小規模でシンプルな葬式です。中でも一日葬と呼ばれる葬儀は、遺族にかかる心身の負担や経費を大きく軽減できると、都市圏を中心に近年人気となっています。一日葬は通常なら二日間行われる儀式を、通夜を省略することで一日で終わらせます。通常の半分の長さで終わるので、遺族の体と心の負担が比較的少なくてすみます。

用意すべき料理や返礼品が減るため、お金にも余裕ができます。二日間行われる葬式は、遠方に住む参列者に宿泊費や交通費などの出費を強いるものでしたが、短期間で終わる葬式は参列者側の負担軽減にも一役買ってくれます。この他にも親しい人だけが集まって行う家族葬や、簡単な儀式と火葬のみを行う直葬なども人気です。少しずつ知られるようになってきていますが、これらの特殊な葬儀は知名度が十分ではありません。実施する際はあらかじめ参列者にその旨を伝えておかないと、後々トラブルになることがあるので気をつけましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *